SHiROSHiTA Direct

2022.9CALENDAR

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
TODAY
祝祭日(休業日)

2022.10CALENDAR

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
祝祭日(休業日)








日本の電圧は100V。海外の電圧は110Vから240V。
そんな海外の高電圧の環境で、日本製の電気製品をつないだら強い電圧が機器に負担をかけ故障の原因になることも……。
場合によっては発火の恐れもあり大変危険です。

海外の高電圧環境で電気製品を使う場合は、その国の電圧を使用する機器に合わせる「変圧器(トランス)」が必要です。

SHiROSHiTA Direct では、様々な種類や容量に対応する変圧器をご用意しております。
「失敗しない変圧器選び」をご覧いただき、電気製品と使用環境にあった変圧器をお選びください。

(1) ご使用になる電気製品の「INPUT(入力電圧):V(ボルト)数」をお調べください。


日本で販売している電気製品でも、海外電圧に対応しているものと、日本国内専用のものがございます。
電気製品本体の定格表示シールや説明書の製品仕様欄に記載されている「INPUT(入力電圧)」の欄をご確認ください。

「100V」とのみ記載がある場合、渡航先の電圧に合わせた変圧器が必要です。
「100-240V」と記載がある場合、変圧器がなくてもほぼ世界中でご使用いただけます。
ただし、電源コードが対応していない場合がありますのでご注意ください。

【 INPUT:100V(日本国内専用)の例 】


【 INPUT:100V-240V(海外電圧対応)の例 】


(2) 渡航先の「電圧(V・ボルト)」をお調べください。


渡航先の電圧を、変圧器で使用する電気製品の対応電圧に合わせる必要があります。
まずは、以下の表を参考に渡航先の電圧をご確認ください。

ヨーロッパ アジア・中近東
イギリス 240V 日本 100V
イタリア 220V 韓国 220V
オーストリア 220-230V インドネシア 220-230V
スイス 220-230V シンガポール 230V
ドイツ 220-230V タイ 220V/240V
フランス 220-230V 台湾 110V/220V
ポーランド 220V 中国 220V/250V
ロシア 220V マレーシア 220V/240V
オセアニア・アフリカ 北米・中南米
オーストラリア 240V/250V アメリカ 120V
ニュージーランド 230V/240V カナダ 110V
グアム 110-120V ハワイ 110-120V
エジプト 220V ペルー 220V
南アフリカ 220-230V ブラジル 110V/127V/220V
※あくまでも参考としてご利用いただくものとし、現地での使用を確実に保証するものではありません。
詳細に関しましては、ご滞在地域の施設(ホテルなど)にご確認ください。

▼▼▼ その他の国情報、プラグ形状についてはこちらをご覧ください ▼▼▼



(3) ご使用になる電気製品の「定格容量(または 消費電力):W(ワット)数」をお調べください。


例えば、消費電力100Wのパソコンを海外で使いたいのに、変圧器の定格容量が30Wでは容量が足りません。
ご使用になる電気製品のW数によって、必要容量が補える変圧器をお選びいただく必要がございます。
W数は、(1)で確認していただいた電気製品本体の定格表示シールや説明書の製品仕様欄に記載されています。


消費電力(定格容量)の目安
品名 ワット数 品名 ワット数
ゲーム機 10W 電気カミソリ(充電) 10W
コンタクト煮沸器 20W ポータブルプレーヤー 20W
CDラジカセ 30W ビデオカメラ 50W
B5ノートパソコン 60W ミニコンポ 80W
A4ノートパソコン 90W デスクトップパソコン(本体) 250W
冷蔵庫(350L) 250W 冷蔵庫(500L) 350W
ドライヤー 1200W アイロン 1200W
IH炊飯器(5.5合) 1200W 洗濯機(8kg洗い) 1200W
卓上IHクッキングヒーター 1500W 電子レンジ 1500W


 ご注意!
 以下の電気製品は変圧器を介してご使用する場合、変圧器の容量は余裕をもってお選びください。
【 モーター製品 】スワロー製変圧器で消費電力(W)の2倍、ROADWARRIORの変圧器で3倍 
【 熱 製 品 】スワロー製変圧器で消費電力(W)の1.25倍、ROADWARRIORの変圧器で2倍 
【30分以上の長時間の使用】消費電力(W)の80%以内 



A B C



日本で、海外から持ってきた電気製品を使いたいときは?


海外で購入した電気製品を日本で使用したい場合も、変圧器があれば使えます!
日本の電圧は100V。海外の電圧は110Vから240Vですので、変圧器で電圧を上げればご利用が可能です。

(1) まず、ご使用になる電気製品の「INPUT(入力電圧):V(ボルト)数」をお調べください。


電気製品本体の定格表示シールや説明書の製品仕様欄に記載されている「INPUT(入力電圧)」の欄をご確認ください。
記載のあるV(ボルト)数によって、対応変圧器がかわってきます。
「100-240V」と記載がある場合、変圧器がなくても日本でご使用いただけます。

(2) ご使用になる電気製品の「定格容量(または 消費電力):W(ワット)数」をお調べください。


例えば、消費電力500Wの海外製電気ポットを日本で使いたいのに、変圧器の定格容量が30Wでは容量が足りません。
ご使用になる電気製品のW数によって、必要容量が補える変圧器をお選びいただく必要がございます。
W数は、(1)で確認していただいた電気製品本体の定格表示シールや説明書の製品仕様欄に記載されています。





 ご注意!
 以下の電気製品は変圧器を介してご使用する場合、変圧器の容量は余裕をもってお選びください。
【 モーター製品 】スワロー製変圧器で消費電力(W)の2倍、ROADWARRIORの変圧器で3倍 
【 熱 製 品 】スワロー製変圧器で消費電力(W)の1.25倍、ROADWARRIORの変圧器で2倍 
【30分以上の長時間の使用】消費電力(W)の80%以内 



(3)入力電圧が「100-240V」と記載があった場合、電気製品のプラグ形状をお調べください。


日本はAタイプのプラグ形状で統一されていますが、世界では主に下記の9タイプのプラグが使われています。
日本と同じ「Aタイプ」の場合はほとんどの場合がそのまま差込めますが、違うプラグ形状の場合は「プラグ変換アダプター」で日本と同じプラグ形状に変換してあげることでご利用可能となります。